トレサビリティページの小見出し画像
トレーサビリテイ体系図
当所の試験設備は、発電水力流量測定規則の解釈第3条第3号に示されている基準を満足しています。
全長155mの長い屋内水槽を有しているのが当設備の特徴です。水槽側壁上にはレールが敷設され、その上を流速計を取り付けた台車が走行します。速度設定は台車上および測定室内の操作盤により行います。 流速計の出力信号と試験台車の走行速度を同時に集録した後、データを解析し、流速計試験成績書を自動的に作成する試験計測システムを構築しています。

トレーサビリティ体系図